メールの長さは、愛情と比例する?

メールと愛情

好意を抱いている相手からメールが届いたとき、思っていたより短い文章でがっかりしたという思いを抱いた人はいらっしゃいますか?

 

私はこんなに長い文章で気持ちを伝えているのに、あの人が送ってくるメールはいつも短くて悲しい、と思う人は少なくないんですよね。

 

ですが、短いメールというのは、本当に気持ちがこもっていないのでしょうか?

 

元々、女性と比較した際、男性というのはメールの文章が短い傾向があります。用件だけを伝えればいいという認識があるのだそうですね。

 

しかし、女性の場合は用件だけでは満足しないのです。他愛もない話をあれこれするのが女性は好きです。好きな男性とも同じように他愛もない話でメールをしてみたいのです。

 

自分の気持ちを伝えるために、たくさんの文章を作ったとします。確かに気持ちは伝わることでしょう。しかし、長文のメールというのは案外読み疲れてしまうもののようです。

 

メールを打ったほうは自分で満足しますが、読むほうはそうとは言い切れません。出来るだけ完結に短いメールのほうが読みやすいですし気持ちも伝わりやすい傾向にあります。

 

長い文章に拘ることをやめて、メールを受け取った相手が読みやすいメールになるよう心がけてみませんか?親しい人と長くメールのやり取りをしていくためのコツなのですから。

自分のことを知らないのに、あなたは、好きな人に魅力をアピールできますか?自分に自信が持てますか?

テクニックも大事だけど、自分のメンタルから変えることの方が恋愛ではもっと大事です!

>恋愛診断はこちら!