言葉を上手に使い分けていますか?

言葉

言葉の使い方を誤ると小さなトラブルが生まれてしまいますね?

 

 

そんなつもりで言ったわけじゃないけれど、言い方がまずかったせいで相手の機嫌を損ねてしまったという経験はありませんか?

 

 

特にお互いの仲が親しければ親しいほど遠慮がなくなってしまい、つい言い方がきつくなり、些細な喧嘩になってしまったという経験は多くの人が体験していることでしょう。

 

 

恋人同士でも同じですね。

 

 

二人の仲が深まるほど遠慮がなくなってしまい、言わなくてもいいことを言ってしまったことで不仲になってしまうこともあります。もちろん、相手に対して気持ちを伝えることはとても大切なことですが、そのとき少しだけ言葉に気を配ってあげましょう。

 

 

表現を少し変えるだけで、こんなに変わる

優しい言葉

「こういうところが気に入らないから直して欲しい。」と言うよりも、「もっと、こうだったら嬉しいのにな。」と言ったほうが言葉に柔らかさが出てくるので相手が傷つかずに済みます。

 

 

伝わりやすいように、と言葉をストレートに使うことも大事な場面というのはありますが、相手の直して欲しい部分や気になるところを注意したり指摘するときは、言葉をオブラートに包むことも相手に対する優しさなのではないでしょうか。

 

 

言葉の使い方を上手に使い分けて、お互いの仲がこれからもいい状態で続いてくれたらうれしいですよね。

自分のことを知らないのに、あなたは、好きな人に魅力をアピールできますか?自分に自信が持てますか?

テクニックも大事だけど、自分のメンタルから変えることの方が恋愛ではもっと大事です!

>恋愛診断はこちら!