沈黙が怖い

沈黙

気心知れた仲なら、そこまで考えないかもしれませんが、まだ、お互いの間の距離が縮まっていない段階で会話をしているとき、ふとした間が生まれるときがあります。

 

 

ちょっとした沈黙の時間とでもいいましょうか。この間が怖いという人は少なくないんですね。静かな沈黙の時間が耐え切れず、とりあえず闇雲に会話を続けようとして疲れてしまったという経験はありませんか?

 

 

結局、何を話したのか記憶にないほどというケースもあるのだとか。会話の中の沈黙は悪いことではありません。それを恐れて意味不明な会話をするよりも、その沈黙を受け入れることのほうが印象はいいハズです。

 

 

沈黙を恐れるあまりぺらぺらと必要以外に話そうとする姿は、落ち着きがないという印象を与えかねませんから。

 

 

男性の場合、会話は情報交換であるという認識があるそうですね。そのため多少の沈黙は苦にならないのです。しかし、女性にとって会話は共感であるという認識があるため、沈黙が苦手であるという人が多いんです。

 

 

男性と二人きりになったとき、会話に無理のないように自然の流れに任せて楽しむようにすれば、本来のあなたらしさが発揮できるかもしれませんよ。何事も無理は禁物ですから。

自分のことを知らないのに、あなたは、好きな人に魅力をアピールできますか?自分に自信が持てますか?

テクニックも大事だけど、自分のメンタルから変えることの方が恋愛ではもっと大事です!

>恋愛診断はこちら!