女性から男性に声を掛けることは、変なことではない

 

「女性の方から男性を誘うことってありなの?」
「軽い女に絶対見られるよね!」

 

私もすっごく思ってた。

 

 

だから、「いいな!」と思った男性に自分から声をかけるなんて、とんでもない。みんなとのバランスを考えながら…いろんな男性に話しかけながら、ごく自然に好きな男性にアプローチしていく。そんな純愛恋愛ドラマのワンシーンみたいなことをしていたわけね。

 

 

このように、好意を持った男性に声をかけることは、特別なことと思い込んでしまったため、私のように、本当はコンタクトを取りたいのに、なかなか声をかけられないという女性が非常に多いのです。

 

 

でね、好きな人への想いだけは募っていく。

 

 

もう

 

我慢できない。
我慢できない。

 

 

告白!

 

 

玉砕。

 

 

これが私のパターンだった。

 

 

やっぱりね、いきなり告白するのは、相手も驚いてしまう可能性があるから、警戒心を抱かれないように少しずつ距離を縮めるようにしなきゃだめってことなの。

 

 

もしも、女性が男性から声をかけられたとき、突然のことで驚きくけれど、それと同じってわけ。だからね、なかには、「どうして、俺にいきなり声をかけてきたのだろう?」「ひょっとして、罰ゲームさせられてる?」と、驚きのあまりに女性の誘いをその場で断ってしまう男性は少なくないんだよね。

 

※最悪のパターンは、遊び相手認定される可能性あり!

 

 

 

アプローチのポイント

せっかく、勇気を出して声をかけたのに玉砕する結果になるなんて…そんなの悲しいですよね。玉砕の可能性を少しでも下げるために、私たちも恋愛を成功させるための作戦を練る策略家になる必要があるの!勢いって大事だけど、勢いだけではダメなことってたくさんある。

 

 

だからこそ、男性側が警戒しないような誘い方を色々と考えてみるといいかもしれません。

 

 

告白は例外。
いきなり距離をグッと縮めようなんてことも例外。

 

 

距離を縮めることを意識して、かるーく食事くらい誘ってみようよ。
何か理由つけてさ。この前の礼とか、友達のプレゼント探しでもOK。

 

 

男性も理由があれば、「食事ぐらいならいってみようかな。」と誘いを受け入れてくれる可能性がすっごく高いよ。でもね、誘うとき、女性のほうが必要以上にガチガチに緊張しすぎたり、逆に軽い女性だと勘違いされるような軽いノリでは、その後の展開に支障が出るので、緊張せずに、まずは恋愛感情抜きにしたお付き合いを意識・意識だよ。

 

 

お友達から始まる恋愛もありますよね。

 

 

徐々に親しくなって、それから恋愛について一緒に語り合い、お互いの中に恋愛感情が生まれてくるというパターンもあるのですから、焦らず、焦らず、彼の心をゲットしちゃいましょう!めざせ!恋愛策略家(笑)

 

自分のことを知らないのに、あなたは、好きな人に魅力をアピールできますか?自分に自信が持てますか?

テクニックも大事だけど、自分のメンタルから変えることの方が恋愛ではもっと大事です!

>恋愛診断はこちら!